Random Life Blog

日々のあれこれ

ブログ記事更新に行き詰まったときにする6つのこと

スポンサーリンク

ブログ記事更新に行き詰まったときにする6つのこと

ブログ記事更新に行き詰まったときにする6つのこと

ブログを本格的に再開してから2ヶ月半程経ちました。

2月はなんとか毎日更新できましたが、3月はどうかな?と考えたとき気が重くなります(笑)

毎日書くことなんてねぇよ!と叫んでみたくもなります(笑)

毎日1記事でも困っているのに毎日数記事更新される方はよほど頭が冴えている方なのかと驚きを隠せません。

自分はメンタルが弱いから記事を書けないのかなぁ~なんて思ったりもします。

完全に記事更新できないスパイラルに陥っていますね(笑)

今日は気分転換も兼ねてブログ記事更新に行き詰まったときにしたら効果あるかなぁ?って感じのことをダラダラ書いていきたいと思います。

 

記事更新に行き詰まったときにすること

再度自分と対話してみる

まだまだ自分の中にはアイディアが残っているかもしれません。

そこへのアプローチの仕方が間違っているのかもしれません。

押してもだめなら的な方法だってあるかも。

とにかく思考をつづける。

それだけで問題解決に一歩近づいていると認識すべきです。

確実に前に進んでいると思い込むことが大事。

とにかく歩みを止めないで目標を再度確認したりして自分を奮い立たせることが重要かとも思います。

大事なのは前に進んでいるという認識を持つことです。

けして立ち止まっているわけではないことを自分で実感することが大切なことかと思います。

 

浮かんだアイディアのメモを取る

まだまだ自分の中には様々なアイディアが眠っているはずです。

断片的だったりもするけど、それらのかけらを拾い上げて書き連ねることも効果的です。

関連性がないと思っていたことでも繋がっていったりします。

文でも言葉だけでもいいです。

思ったことを羅列してみて今自分が思っていることを整理してみましょう。

きっと糸口が見つかりやすくなると思います。

 

自分の周囲に目を配る

内面との対話に疲れたときは思い切って内面との対話をやめて外に目を向けてみましょう。

内面より多くのことが見えてきます。

外の世界は情報だらけです。必ず自分の琴線に触れる情報、出来事などが転がっているはず。

ここでメモを取ることでさらにアイディアの幅が広がっていきます。

なんとなく書いていくうちに連想ゲームのような状態に陥りアイディアが降ってくることがあります。

内面がだめなら自分の外を見ましょう。

 

生活スタイルを変えてみる

いつもの時間に起きていつものように過ごす。

これではなんの刺激もなく1日が終わってしまいます。

生活のスタイル・リズムを変えてみるのはどうでしょう?

これまで見えてこなかったものが見えてくる可能性大だと思います。

ちょっとした生活の変化がいい刺激になって頭の中をリフレッシュしてくれたりもします。

日々の流れを変えると新しいことが見えてくるでしょう。

 

運動をしてみる

考えるのをやめて運動をしてみてください。

ラジオ体操・ストレッチ・スポーツ、なんでもいいです。

体を動かしてみるとなぜか頭がスッキリします。

凝り固まった頭の中に風を通すようなそんな効果が見込めます。

無心で体を動かすことが大事です。

運動をしながら一旦、頭のなかを空っぽにしてみるのがよいでしょう。

頭がリフレッシュされ悩んでいたことも忘れ、アイディアがふと浮かんでくることもあるでしょう。

運動後、新たに考えてみることも大事です。

 

何もしない

考えるのをやめてください。

散歩したり、昼寝したりして無駄な時間を過ごしてみましょう。

運動後と同じようなリフレッシュ感が得られるかもしれません。

とにかく考えないこと。

ネガティブな方向に陥っていることを忘れることが大事です。

ポジティブになる必要もありません。

ただただだらだらと過ごしてみる。

危機感を覚えるかもしれませんが、それすらも忘れてしまいましょう。

何事もなんとかなるものです。

なるようにしかなりません。

考えても無駄なときだってある。

 

まとめ

以上、6つのパターンを紹介させていただきました。

最後に書いたように、何事もなんとかなるし、なるようにしかなりません。

自分を俯瞰して見れるようになれればちょっとは楽になれるはずです。

ありきたりなことばかりですが、実践すると意外にも頭がスッキリします。

メンタルが弱い私のような人間には試す価値ありです。