Random Life Blog

日々のあれこれ

2019年参議院選挙の期日前投票をしてきた

スポンサードリンク

2019年参院選の期日前投票をしてきた

2019年参院選期日前投票をしてきた

みなさん、こんばんは。

今日、2019年参院選期日前投票をしてきました。

投票日は7月21日(日)ですが、一足先に投票を済ませてまいりました。

今回の参院選、私がニュースなどを細かくチェックしてないからそう思うのか分かりませんが、全然盛り上がってないですよね。

与党、野党どちらにも投票したくないなんて思ったりもして、最後まで悩みましたが一応投票は済ませてきました。

期日前投票

投票日は混み合うし、日曜は予定があるので、最近は暇を見つけていつも期日前投票することにしています。

今日も投票所は空いていて、私の前に一人投票を行う人がいただけでした。

受付時に、投票所入場券(ハガキ)に投票日に投票できない理由等を記入し、投票所内に入り、記入した事項のチェックなどをされた上で、投票用紙が渡されます。

今回の選挙は参議院の議員を選ぶ選挙となります。

参議院の任期は6年で3年毎に議員の半数を選び直すことになっています。

投票所では、自分の住む選挙区内の候補者を選ぶ投票をし、次に政党名または候補者名を選ぶ比例代表選挙の投票をするといった流れでした。

期日前投票はの投票期間は投票日の前日20日(土)までです。

必ず1票を投じて国の政治に参加しましょう。

 

参議院選挙2019年

冒頭でも述べましたが、いまいち盛り上がりに欠けていると感じるのは私だけでしょうか?

安倍長期政権に1票を投じるか、それとも消費増税に反対する野党の1票を投じるか大いに迷うところではありますが、選択肢がありながらどちらも選びたくないという気持ちもあったりで、今回の投票は最後まで悩みました。

安倍政権を支持するかと言われると「?」どうでしょうと考えてしまいます。

昨今の某国への対応にはもっとやれと支持したくなりますが、秋には消費増税が控えていてそちらは賛成しかねます。

一方、野党はというと、言ってはなんですが影薄くて、何が言いたいのかいまいち伝わってきません。

それにあえて野党連合に1票を投じて、政権を担わせるにしても野党にそれができるのかは甚だ疑問が残ります。

安倍政権の前の民主党政治は酷かったですからね。

どちらを選ぶかホントに悩ましいところであると思います。

でも、だからといって投票しないというのは間違いですよね。

毎回、投票率が低いですが、投票して選挙に参加しなければ、政治的な意見を言う立場にはないと思います。

別に政治にそれほどの興味があるわけではありませんが、せっかく選挙権が与えられているのだから投票してみる、参加するのが大事ですよね。

政治に対して文句を言うのは投票してからにしましょう。