Random Life Blog

日々のあれこれ

ブログのアクセス数の減少・緩やかな衰退が始まっている

スポンサーリンク

アクセス数減少とブログの衰退

アクセス数減少とブログの衰退

みなさん、こんばんは。

12月半ばでブログ再開から1年を迎えましたが、それと同時にアクセス数が緩やかに減ってきています。

まぁ、これもあり得ることだなと、自分では納得した結果なのですが、モチベーションは明らかに低下しますよね。

このままでは、今月は目標とする現状維持ができない可能性が濃厚となっています。

今日は、アクセス数が落ちた原因と今のブログの現状について考えてみたいと思います。

 

書く記事の精度の低下

このブログは、ブログに関するあれこれをいろいろと書いてきましたが、徐々にネタは尽き、書く内容が薄くなっているのが事実です。

また、それに伴って、雑談やお題などのキーワードを入れない記事が多くなっていて、今年の後半からは、検索に載るような記事がほとんど書けてないのが現状です。

もう、ブログに関するネタを書くことはほとんどないかもしれません。

あっても、検索に掲載されるようなネタはもうないのが現状で、精度の低い記事の乱発になってしまうでしょう。

実際、ここ2ヶ月は、雑談やお題記事が目立ち、ブログネタは以前よりもかなり減ってきている感じです。

 

検索流入の過去記事も減少傾向

このブログのアクセスの約7割以上が検索流入でしたが、ここ数日で6割にまで下がりました。

検索流入が減ったということは、検索順位が下がったということでしょう。

サーチコンソールを見ても、それは明らかで、検索パフォーマンスが乱高下した結果、今では右肩下がりです。

 

リライトしない

検索順位を下げない、あるいは上げるために大切なのがリライトです。

記事ではリライトの重要性を書いていたりしますが、実際、リライト、やってません(笑)

やる時間がないというのがホントのところです。

リライトで検索結果の順位を下げない、あるいはブログの価値を下げないようにするべきでしょうが、毎日1記事書くので精一杯な面もあるのは事実です。

しかも、350記事超の記事数ですから、その作業は大変なものになるでしょう。

リライトする時間がないという言い訳をしつつ、面倒な作業を避けてきた結果が今現れているんだと思います。

 

毎日更新の弊害

毎日1記事書いてますが、最近は「これ、誰が読むの?」と言った感じの記事を乱発している気がします。

キーワードが入るような記事ではなく、ホントの雑談になってしまっていて、誰に向けて書いているのか自分でもよくわかりません。

そんな記事ばかりを量産しているため、ブログの価値も下がり、検索順位もさがるという今の結果につながっているのかもしれませんね。

毎日更新はとりあえず続けますが、無理に毎日更新している感じも否めません。

来年1月末で連続更新365日を迎えますが、それ以降は書ける日だけ書くという風な感じにシフトしていかないとホントにヤバいかもしれません。

1年更新し続けても、初期の頃とたいしてアクセス数が変わらないというのは結構異常なことだと思います。

 

ブログのモチベーション低下

最近、記事が思うように書けないのもあって、ちょっとスランプかなと自分では思ってます。

これは11月くらいからずっと感じていたことで、ブログの楽しさが実感できない日が以前より多くなってきています。

毎日更新していればいろいろあるとは思いますが、ここまでひきづるとやはりスランプなのかなと思ってしまいますね。

ブログの数字的なものが軒並み低下している現状で、ブログを続けるモチベーションも低下しつつあります。

数字的なものを気にしても仕方ないかもしれませんが、それらが軒並み低下していくのを見ているとこのブログは緩やかに衰退していっているんだなと思わざるを得ません。

悲しいことですが、これが1年続けた結果ということになるようです。

約9割が1年ももたずやめる現状で、残りの1割に入れたことは嬉しいことですが、必ずしもブログで成功を手にしたとは言い難い状況ですね。

 

他力本願

いろいろと語ってますが、ブログ初期の頃と比べると努力が足りないのも確かではないでしょうか?

初期の頃はもっと工夫したり、文字装飾してみたり、カスタマイズしたものを使ってみたりいろいろやってたと思います。

今は、記事もなんとか1記事書ければいいやという感じで、1記事に込める熱量がほとんどないに等しいかもしれません。

半年くらいまでは、がんばれた気がしていますが、それ以降は毎日更新のために記事をただ書いていたと言ってもいいかもしれません。

そして、ある程度のアクセスがあったので、慢心もあったと思います。

いつしか、向上心はなくなってしまい、今ではその結果を受け止める忍耐もないです。

こんな記事を書いている時点で終わってると思います。

 

終わりに

何にでも終わりはありますが、このブログも緩やかにその終わりに向かっているのかもしれません。

今更ですが、もっと違った道があったかもしれません。

しかし、それを選ばなかった自分が今のような方向性でブログを続けてきた結果として、受け止めなければならないかなと思います。

それを受け止めつつ、2年目をどうつないでいくか考えなければなりませんね。

数字的なものは気にしても仕方ないのはわかっていたつもりでしたが、やはりアクセス数なんかが減少し始めると、ちょっと凹むし、やる気が削がれます。

そうしたことを気にせず更新を続けられる強いメンタルが欲しい今日この頃です。