Random Life Blog

日々のあれこれ

私の勉強法:聞く力、書き取り、音読。

スポンサーリンク

聞く力、書き取り、音読

聞く力、書き取り、音読

みなさん、こんばんは。

今日はセンター試験1日目でしたね。

出題方法の変更など、いろいろと混乱があったみたいですが、試験そのものは滞りなく終わったようでよかったですね。

センター試験が始まると、いよいよ受験シーズン本番という感じがします。

受験生のみなさん、最後まで諦めずがんばりましょう!

ということで、今日は今週のお題「勉強法」で記事を書いてみたいと思います。

勉強はまずやるかやらないか

勉強法と言っても、特別効果的な方法を私は知りません。

効果的な方法があればみんなやりますよね。

まぁ、勉強と聞くとやりたくない、やらない人が多いとも思います。

私は以前、家庭教師のバイトをしていたことがあります。

中学生を担当していました。

中学校くらいだと、勉強ってどれだけやったかで決まるものだと思います。

家庭教師を付けたからと言って、その日だけ勉強を教えてもらっても成績は伸びません。

毎日、30分でも継続してやることが成績アップにつながったりします。

この毎日30分ができない生徒が多かったですね。

生徒のやる気を起こさせるのも家庭教師の仕事と言えばそうなんですが、週1とか週2だけの授業では成績はあがりません。

まずは宿題を出して毎日やらせる体制を整えないとダメでしたね。

勉強を普段からしてこなかった生徒は家庭教師が来る日だけ勉強して、それで満足している感じがありました。

そうした生徒に毎日宿題をやらせることはかなり難しかったですね。

中学校くらいの勉強なら、そうした毎日継続の軌道に乗れば、やった分だけ成績は上がります。

その段階までもっていくのが非常に大変でした。

中学校までの勉強っていうのはまず、どれだけやるかやらないかの問題だと思いますね。

 

聞く力をつけること

勉強で大事なことは、人の話をよく聞く力を身につけることだと思います。

よく生徒に話したりしましたが、今日友達と喋った内容は覚えているのに、先生の言った言葉を覚えていないのはなぜなのか?

友達との会話を覚えているのはきちんと話を聞いていたからこそだと思います。

先生の話を覚えていないのは話を聞くという力が身についていないから、話をきちんと聞いていないからの2つが考えられます。

同じ日本語を話しているのに先生の言葉は覚えていないのはおかしいはずです。

それが初めて聞く言葉だったりするから記憶に残らないというのもありますが、全く覚えていないというのはありえません。

意識的に先生の話を聞く力を身につけることが理解を深めるのに役立つと私は思います。

 

書くということ

聞く力を身に着けたら、次はそれを頭の中で整理して文章として書き起こすことが頭の回転を良くします。

先生の話を聞き、大事な部分を頭の中で整理して、文字として出力すると理解が深まります。

聞いて書くというのは、能動的な行動になり、一旦脳を経由するので、頭の中に残る点で有効な手段です。

家庭教師をやっていた当時でも、書くことに長けた生徒はいませんでしたね。

まず、鉛筆は動かさない生徒が多かったです。

頭の中だけで考えて結局答えが出ないので記憶もそれきりになってしまうパターンが多かったですね。

やらされて受動的にただ、書き写すのではなく、授業を聞いて、内容を頭で整理しつつ、ノートに記述する行為こそが記憶に残る勉強法だと思います。

 

声に出してみる音読

ただ読むことも大事ですが、声に出して読むことで記憶に残りやすくなります。

音読というと国語の教科書に載っている物語や説明文などを親の前で読むというのが宿題としてあったりしましたが、英語や社会や理科でも教科書やノートを声に出して読むことも大事だと思います。

勉強って頭の中だけで完結するものではないと思います。

声に出して読むことで理解力も高まります。

 

終わりに

勉強法について、まずやるかやらないかの気持ちの問題、そして、聞く力を身に着け、それを書き起こすこと、さらに音読で理解を深めるという流れで書いてみました。

まずはやる気をもって勉強に望むこと、中学生くらいだとこれが一番大事ですね。

勉強に対して、やる気や興味を持つことだけでも成績アップにつながったりします。

そして、話を聞く力。

話を聞いて頭の中で整理し、それを文字で自分なりに書き起こせる力を養うことはかなり大事だと私は思いますし、身につけると後々楽できます。

そして、仕上げではないですが、音読でさらに理解を深める。

成績アップに近道はありません。

まずは勉強する意欲をもつことが大事ですね。

高校生になると単純な努力だけでは太刀打ちできない部分も出てきます。

小・中学校での勉強は努力すればなんとかなるレベルなので、なんとかやる気を起こして勉強に臨んで欲しいと思います。

以上、今週のお題「勉強法」についてでした。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ