Random Life Blog

日々のあれこれ

地方で新型コロナウイルスに感染するとほぼ身バレ

スポンサーリンク

地方で感染するとほぼ身バレ

地方で感染するとほぼ身バレ

みなさん、こんばんは。

ついに緊急事態宣言が発出されましたね。

5月の連休明けまで感染者が多い7都府県でのさらなる外出自粛が要請されました。

該当しない地域でもこれ以上感染を増やさないため、同様の行動が必要となると思います。

不要不急の外出を控え、手洗い、うがい、アルコール消毒など個人でできる最大限のことをしていきたいですね。

私の住む地域でも感染者が増えつつあります。

今日は地方で感染者が出た場合の状況について書いてみたいと思います。

 

地方は感染者数が少ない=ほぼ身バレ

東京など大都市での感染者は多く、人口も多いため誰が感染したのかなど特定は難しいと思いますが、地方では日に数名の感染者しか出ません。

しかも、〇〇市や〇〇町の例えば40代の男性などどとニュースで紹介されます。

また、その人がどんな業種の仕事をしていたのかなども取り上げられます。

田舎の小さな街では、そんな情報だけでも感染者が特定できてしまう状況です。

地方での感染は身元がバレるリスクがかなり大きいです。

また、身元や職場がバレた時の風評もひどいことになっています。

 

他人にうつす=職場がバレる

私の住む地域ではじめての感染者について詳しく述べたいところですが、あまり詳細に書くと問題になりそうなのでやめておきます。

おそらくその感染者は今、自分の行動を悔いていることでしょう。

もしかしたら、家族も今住んでいるところにはいられないほど後ろめたい気持ちでいるかもしれません。

それだけ、その感染者の行動は軽率だったのですが、感染後の状況を知ったらもっといたたまれない気持ちになるでしょう。

その感染者が働いていたところでも感染者が出て、結果としてうつしてしまいました。

自らの軽率な行動からウイルスを持ち帰ってしまい、他人にうつしてしまったという事実。

その時は症状が出ていなかったかもしれませんが、結果としてうつしてしまったことに罪の意識を感じていることでしょう。

結果として、職場(飲食業)がバレて、完全に個人を特定できる状況になりました。

地方では特定するのは簡単です。店自体が少ないのだから・・・。

 

感染者が働いていた場所周辺は閑散としていた

今日、その感染者が働いていた場所の周辺に行く機会がありました。

周囲にはスーパーやパチンコ屋があるのですが、どちらも駐車場はかなり空いていました。

スーパーのほうはこんなに空いているのは初めて見るくらいでした。

近くの飲食店で働いていた人が感染したというだけなのに、周囲のスーパーやパチンコ屋まで影響を受けているように感じました。

外出の自粛という意味もあるのでしょうが、別のスーパーは普通に駐車場が埋まっていたのでコロナ感染の風評かとも考えられます。

感染者は自分の軽率な行動によって、自分の職場周辺がこんな状況になっていることを知っているのか?

知ったらさらに自分の行動を悔やむことでしょう。

 

地方での感染は当然身バレすることを覚えておこう

上でも書いたように、地方では、どこの市町村の◯十代の男性・女性で〇〇業の仕事をしている人間と発表されます。

小さな地方の街なので、自然とどこの誰かは風の便りや噂で伝わってきます。

自分だけが感染ならばまだいいですが、他人にうつしたりして職場がバレたりする危険性が高いです。

地方で感染したらほぼ身元がバレることを覚悟しておいたほうがよいですね。

そうならないためにも、手洗い、うがい、アルコール消毒、マスク着用、人混みには近づかないなどできることを励行していくしかないですね。

 

終わりに

地方での感染者の身バレについて書いてみました。

いまのところ、日々の感染者が少ないので、ひとたび感染者が発生すると、どこのだれかという犯人探しではないですが、身元の情報がどこからともなく聞こえてきます。

地方で感染したら身元がバレることは当然と思ったほうがいいです。

身バレして、職場や周囲に迷惑をかけることにもなることを覚えておいたほうがよいですね。

そうならないために、不要不急の外出は控え、自らできる手洗い、うがい、アルコール消毒などの防御策を日々、続けていかなければならないなと思います。

感染して、身バレして、変な噂立てられたり、職場や周囲に迷惑かけたり・・・地方で感染するとホントに悲惨だと思います。