Random Life Blog

日々のあれこれ

iPhoneのストレージ容量を増やす9の方法

スポンサードリンク

iPhoneのストレージ容量を増やす9の方法

iPhoneのストレージ容量を増やす9の方法

みなさん、こんばんは。

みなさんの使っているiPhoneの容量は何GBですか?

16?32?64?128?256?

様々なストレージ容量のiPhoneがありますが、16、32、64GBあたりを持っている方は容量に不満があるのではないでしょうか?

写真などですぐにいっぱいになってしまうことってありませんか?

新しい容量の多いiPhoneを買うというのも手ですが、なかなかそうもいきませんよね。

今日はiPhoneのストレージ容量を増やす方法を考えてみたいと思います。

 

iPhoneのストレージ容量を増やす方法

容量を増やすにはデータの削除が手っ取り早い方法となります。

また、機能の停止やデータの移動などの方法もあります。

まずはデータの削除と機能の停止、データの移動などを順にみていきます。

 

1. 非使用アップを取り除く

使用していないアプリを自動的に取り除いて容量を確保します。

アプリのみを削除し、データや書類は保存された状態のままになります。

実際に使ってみると、ホーム画面にアプリのアイコンは残った状態です。

アプリをタップすると再ダウンロードされます。

使っていないアプリが多い方にとっては多くの容量を確保できる方法です。

一時的に容量を確保したいときに便利な機能ですね。

【設定アプリ】>【一般】>【iPhoneストレージ】>【非使用アップを取り除く】

 

2. アプリを削除する

上で紹介した「非使用アップを取り除く」と違って、アプリを完全に消去する方法です。

【設定アプリ】>【一般】>【iPhoneストレージ】を見ると下の方に、容量の多いアプリが順に並んでいます。

これを見ながら必要ないアプリを削除しましょう。

アプリを選んで【Appを削除】をタップするとアプリが完全に削除されます。

また、ホーム画面に並んでいるアプリアイコンを長押しして削除する方法もあります。

 

3. 写真と動画を削除

データ量は小さいですが、数が多いのでiPhoneの容量を圧迫する写真。

データ量が大きい動画。

この際、いらない写真と動画を削除してしまいましょう。

写真アプリを開いて、右上の【選択】をタップ。

写真のそばに【選択】の文字があらわれるのでいらない写真を選択して右下の【ゴミ箱アイコン】をタップすれば削除は完了です。

しかし、iPhoneの写真の削除は30日後に消去されるので削除してもすぐには容量が回復しません。

そこで写真を完全に消去する方法をご紹介。

写真アプリの下のメニューにある【アルバム】をタップ。

一番下の【最近削除した項目】をタップ。

右上の【選択】をタップして完全に削除したい写真を選択し、左下の【すべて削除】をタップ。

【写真を削除】をタップすると完全に写真が削除されます。

 

4. Safariのキャッシュを削除する

【設定アプリ】>【サファリ】を開きます。

下にスクロールすると【履歴とWebサイトデータの消去】という項目があるのでそちらをタップ。

【履歴とデータの消去】とでるのでタップして削除完了です。

消去すると、履歴、Cookie、その他のブラウズデータが削除されます。

 

5. Twitterのキャッシュを削除する

たまっているTwitterのキャッシュも削除しましょう。

Twitterアプリの【設定とプライバシー】>【データ利用の設定】に進むと【メディアストレージ】と【ウェブストレージ】の2項目が表示されます。

【メディアストレージを削除する】を選択すると画像や動画のキャッシュが削除されます。

ウェブストレージのほうは【ウェブストレージを削除】と【すべてのウェブストレージを削除】の2つがあります。

【すべての~】を選択するとログイン情報なども消えてしまうので【ウェブストレージを削除】のほうを選択し削除しましょう。

 

6. Googleマップのデータを削除する

グーグルマップを頻繁に使う人はアプリにデータが貯まっている場合があります。

グーグルマップアプリを起ち上げて、左上の【三本線マーク】をタップ。

メニューが出てきますので、その中から【設定】をタップ。

一番下の【概要、利用規約、プライバシー】をタップ。

下から2番目の【アプリのデータを消去】をタップして【OK】をタップすれば削除されます。

 

7. 音楽を削除・低ビットレートに変換する

聞かなくなった音楽ファイルを削除しましょう。

音楽ファイルは変換時の設定で低容量から大容量までサイズが異なります。

ALAC(Appleロスレスオーディオコーデック)のような大容量で変換した場合は、iTunesで低容量のAACなどに変換してiPhoneに入れましょう。

 

8. カメラのHDRの通常の写真を残すを無効にする

iPhoneのカメラのHDR(ハイダイナミックレンジ)は3枚の写真を合成し、そのいい部分を抽出して1枚の写真にする機能です。

HDRで写真を撮ると合成前のもとの写真も保存される設定になっています。

これを無効にするには【設定】>【カメラ】>【通常写真を残す】をオフにすればOKです。

 

9. 写真をクラウドに保存する

iCloudGoogleフォト、OneDriveなどのクラウドに写真を保存します。

写真の容量が多すぎる方には是非試して欲しい方法です。

 

iPhoneのストレージ容量を増やす方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

まずはいらないアプリや写真、動画フィアルを削除ですね。

そして、アプリにたまったキャッシュも削除。

音楽ファイルは削除と低ビットレートに変換して同期しましょう。

写真が多すぎる場合は外部のクラウドに保存するのもひとつの手です。

容量を増やして快適にiPhoneを使用しましょう。