Random Life Blog

日々のあれこれ

アドセンスの見積もり収益額が減る理由は?

スポンサードリンク

アドセンスの見積もり収益額が減る理由

アドセンスの見積もり収益額が減る理由

みなさん、こんばんは。

こんな経験ないですか?

Googleアドセンスの見積額が先程は200円ほどあったのに次に見た時、0円とかに変わっていること。

せっかくクリックが発生して収益額を獲得したのかと思いきやすぐさま見積額が減っている現象。

アドセンスの画面を頻繁に見ているとたまにあることだと思います。

今日はアドセンス収益のしくみについて考えてみたいと思います。

 

無効なクリックが減収の原因?

見積もり額が減少するのは無効なクリックが発生した場合らしいです。

例えば、

 ●自分自身でアドセンス広告をクリックしてしまう

 ●1人のユーザーが繰り返しクリックしてしまう

 ●クリックを誘導するような文言を広告の周囲に付けた場合

 ●自動クリックツールなどのソフトウェアで不正な行為を行った場合

などです。

 

広告がクリックされるとクリック数に基づいて見積もり収益額が算出されますが、無効なクリックの検出処理はその後に行われるため、先程まであった収益額が次に見た時減っているという現象が起こるようです。

 

無効なクリック・トラフィックが多数検出された場合、アカウントの停止、または無効化されるようなので注意が必要です。

無効なトラフィックを防止する方法については以下↓

support.google.com

 

アドセンス狩り

アドセンス狩りとはユーザーが広告クリックで不正行為を行い、運営者のアドセンスアカウントを停止に追い込む行為です。

無駄にクリック数が多い時などはGoogleアドセンスに報告してみると良いと思います。

https://support.google.com/adsense/contact/invalid_clicks_contact

 

見積もり収益額が減る理由まとめ

見積もり収益額が減る理由は、クリックされた時間とそのクリックに関してGoogleアドセンスが検証する時間にタイムラグがあるためです。

無効なクリックがそれにあたりますが、クリック数や見積もり額が急に高くなった場合はアドセンス狩りの可能性もあるので注意が必要です。

実際、運営者としてできることは少ないですが、Googleアドセンスの画面を見る回数を増やしたりしてクリック数と見積もり収益額がおかしくないか日々確認することも重要な作業となるのかなと思います。

おかしいなと思ったら迷わずGoogleアドセンスに報告してみると良いと思います。

最悪の場合、アカウント停止、無効化になるので気をつけておきたいところですよね。