Random Life Blog

日々のあれこれ

iPhoneのiTunesでの同期とバックアップの違い

スポンサードリンク

iPhoneの同期とバックアップの違い

iPhoneの同期とバックアップの違い

みなさん、こんばんは。

iPhoneをパソコンやMacにつないで日々、同期やバックアップしてますか?

バックアップを取っておけば機種変更した時やいざという時に復元することができます。

また、新しいデータを入れたい時にもiPhoneをパソコンやMacにつないで同期しますよね。

今日はちょっと気になったので、この同期とバックアップの違いについて述べていきたいと思います。

 

iTunesでの同期とバックアップ

iPhoneをパソコンやMacにつないで行う同期やバックアップ。

似たようなことのように思えて実はやってることは違うようです。

 

iTunesでの同期

同期とは簡単に言うと、iTunesのデータをiPhoneに移すことを言います。

iTunesiPhoneのデータを同期、同じにすると言うと分かりやすいかもしれません。

例えば、iTunesに新しい音楽を入れた場合、iPhoneとパソコン、Macをつないでデータのやり取りをするのを同期と言います。

iTunes上にあるものをiPhone上にも入れること、データを同じくすることを同期と言います。

データの流れはiTunesからiPhoneへという感じです。

 

iTuensでのバックアップ

一方、iTunesでのバックアップはというと、iPhoneのデータをiTunesで保持することを言います。

データの流れはiPhoneからiTunesへという感じになります。

iPhone内のデータをパソコンやMacの中にそっくりそのまま保存することがバックアップです。

iPhoneにはiCloudバックアップもありますがそれも、iPhone内のデータをiCloudへ保存する意味ではデータの流れはiPhoneからiCloudという感じになり、やっていることはiTunesの時と同じ感じになります。

 

iTunesでの同期とバックアップの違いまとめ

簡単に言うと、

 

同期は、iTunesiPhoneのデータを同じものにすること

 

バックアップは、iPhoneのデータをPC、Mac内に保存すること

 

になります。

 

同期とバックアップ、決定的に違うのはデータの流れです。

同期はiTunesからiPhoneへ、バックアップはiPhoneからiTunesへ。

iTunesから音楽等のデータを取り込みたい時は同期、機種変した時などに備える場合はバックアップということになります。

常日頃からいざという時のためにバックアップはこまめに取っておきたいところです。

まぁ、同期していれば自然とバックアップも取ってくれるので問題はありません。

ちょっと気になったのでiPhoneの同期とバックアップの違いについて記事にしてみました。