Random Life Blog

日々のあれこれ

iPhone iOS13でバッテリー寿命をのばす「最適化されたバッテリー充電」機能が追加

スポンサードリンク

iOS13最適化されたバッテリー充電(Optimized Battery Charging)

iOS13最適化されたバッテリー充電(Optimized Battery Charging)

今年秋にiPhoneに提供されるiOS13で、バッテリー寿命をのばす「最適化されたバッテリー充電(Optimized Battery Charging)」という機能が追加されるようです。

今日はこの「最適化されたバッテリー充電」機能について見ていきたいと思います。

 

最適化されたバッテリー充電(Optimized Battery Charging)とは?

「最適化されたバッテリー充電」機能とは、バッテリーの充電速度が早くなるとかそういう機能ではなく、バッテリー充電の寿命をのばす機能です。

実際どうなのかというと、過充電(100%充電された状態)を制御する機能のようです。

ソニーウォークマンなどに機能としてある「いたわり充電」などがありますがそれとはまたちがった充電機能のようです。

 

リチウムイオン電池の劣化原因

スマホiPhoneの電池にはリチウムイオン電池が使われています。

それらは100%充電された状態(過充電)が続くとバッテリーが劣化しやすくなります。

また、バッテリーを使い切る行為(過放電)もバッテリーが劣化しやすくなります。

バッテリーを長持ちさせる方法は以下

randamlife.hatenablog.com

 

iPhoneでの最適化されたバッテリー充電

「最適化されたバッテリー充電」は【設定】>【バッテリー】>【バッテリー状態】内に設置されます。

ユーザーの選択でオン・オフできるしくみです。

この機能では、iPhoneがユーザーの充電ルーティンを学び、充電が80%を超えると充電を次に使用するまで一時停止されるようです。

例えば、毎日寝る前に充電して朝充電を解除している方の場合、寝ている間に80%まで充電し、朝起きて手にとってから残りの20%の充電が再開されるという仕組みです。

この場合だと、過充電(充電100%の状態を長く続けること)を防ぐことができ、結果としてバッテリーの寿命を長く保つことができます。

この機能は規則正しい生活を送っていればiPhone自体も充電サイクルを学習しやすくなります。

毎日同じ時間に充電している方ならば、この機能は効果的に働き、バッテリーの劣化を最小限に防いでくれることでしょう。

問題点としてはいつもと違う行動パターンが生じた時、充電が80パーセントまでしかされていない状態になることが考えられます。

いつもと違う行動パターンになる場合は、この機能はオフにしておいたほうがよさそうですね。