Random Life Blog

日々のあれこれ

ブログに文章力は必要か?構成や個性のほうがもっと大事

スポンサードリンク

ブログに文章力は必要か?構成や個性のほうが大事

ブログに文章力は必要か?構成や個性のほうが大事

みなさん、こんばんは。

ブログを再開してから6ヶ月が経ち、日々記事を更新しているわけですが、最近自分の書く文章がうまくなっているのかすごく気になってます。

記事を書く上で文章力って少なからず必要かとは思いますが、ブログってそんなに肩肘張ったものでも無いとも思うんでそこそこ文章力があればいいやとも思ったりします。

実際、ブログに文章力って必要でしょうか?

今日はブログに文章力が必要かどうかをいろいろ考えてみたいと思います。

 

文章力あったほうがいい?無くてもいいい?

あったほうがいいに越したことはないですが、私は無くても良いと思っています。

要はブログに何を求められているかですよね。

ネット上では基本的には情報を欲しているユーザーが多いと思うので、文章力よりも文の構成とかのほうが重要ではないかと私は思います。

美しい文章を読みたければ本を読めばいい。

ブログは情報や書き手の個性が詰まっていれば十分かなと思います。

豊富な語彙力なんかも基本的には必要ありません。

読者に分かりやすく書くこと、簡単な表現で書くことのほうが重要だと考えます。

ブログの記事って隅から隅まで読まれるわけではありません。

読者は必要だと思った部分だけを読んで立ち去る傾向が高いです。

美しい文章や回りくどい難しい表現は必要ありません。

また、長い文章を書く必要もありません。

短い文で要点を繋いでいくことのほうが読者には分かりやすく、読みやすい文章になります。

文章力は特別必要なものでは無いと私は思います。

 

文章力より記事の構成を考えよう

起承転結、きちんとした構成で何が言いたいのか明確ならば文章力は特に必要ありません。

雑記ブログならば、起承転結すら必要ないとも思います。

大事なのは書き手の個性ではないでしょうか?

文章力より文の組み立て方や何ものにもとらわれない自由な書き方も読者を引きつける重要な要素ではないでしょうか?

ひとまず、「起承転結」や「序論・本論・終わりに」などブロックにわけて書くことが大事。

あとは肩肘張らず、自分の表現で自由に話を進めていくような感じで書けばいいのではないかと思います。

作文得意だった人はスラスラ書けるかもしれませんが、ブログ記事を書くとなると普通の人はやはりハードルの高さを感じてしまいますよね。

特にはてなブログなんかは上手な文章の書き手が多いですし。

でも、それにも増して、面白いネタを持っている書き手が多い印象です。

ブログって文章力なんかよりネタやタイトルのほうが大事だったりしますよね。

まぁ、それはさておき、ここでは自分の思いを「起承転結」や「序論・本論・終わりに」にのせて形作ることが重要だと私は思います。

 

構成も大事だが、個性も大事!

自分の文章は自分にしか書けない大切な武器であることを認識しましょう。

自分は文を書くのが下手だし、語彙力ないし・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが、それすらも個性だと思います。

うまいへたより伝えようとする力が大切です。

話し言葉で文を書いてみると文章力へのハードルが下がります。

文章というより口語形式で言いたいことを書くと意外にうまく伝えることが出来たりします。

また、話し言葉は自分の癖なんかが出てまた面白い文になったりもします。

そういった部分から個性が読み取れて、読者が書き手の思いを受けやすくなったりもしますよ。

個性が出せないという方、それもまた個性です(笑)

時には殻を破って自分の思いを爆発させてみるのも面白いです。

もはや文章力云々の話では無くなってきてますが(笑)

それもまた個性ということで・・・。

 

文章力は無くてもよいが構成や個性は必要

いかがでしたでしょうか?

文章力がない私でもなんとか半年はブログを続けてこられました。

というのもブログを書く時、文章力なんか考えたこともなかったからでしょうけどね。

改めて文章力が必要かどうか考えた時、それほど必要性は感じませんでした。

 ・長い文より短い文で書きたいことを繋げてみる

 ・「起承転結」や「序論・本論・終わりに」の型に当てはめて書く

 ・自分らしい文を書く(個性を出す)

こんなところでしょうか?

実際守れてない場合のほうが多いですけど(笑)

特化ブログ・アフィリエイトブログになるとまた違ってくると思いますが、雑記ブログはなんでも書いていいし、なんでもありでいいと思います。

型に当てはめ、短文でつなぎ、自分らしい表現で。

ブログにうまいへたは無いと思います。

自分にしか書けない文を書いていきましょう。