Random Life Blog

日々のあれこれ

給付金10万円の使いみち できるだけ使い切ろう

スポンサーリンク

給付金10万円の使いみち

給付金10万円の使いみち

みなさん、こんばんは。

今日の夕飯の時、一律給付される10万円の使いみちについて話合いました。

現時点で10万円もらっても使いみちって限られますよね。

 

10万円、なるべく地域で使い切りたい

一律10万円の給付に関して、にわかに議論が盛り上がっています。

政治家、総理や閣僚は受け取らない旨を好評していますが、どこぞの市長だったかわすれましたが、その方は地域で使い切ると明言され支持されていたりもします。

公務員はもらうべきではないなどと自論をおっしゃる元政治家の方もいらっしゃいます。

また、どこぞの県知事は県職員の給付金をコロナ対策の財源に使うとおっしゃっていました。

いろいろと議論が白熱していますが、とりあえずもらって、その後の使い方が重要なのではと個人的には思います。

景気は悪化しているとの認識が発表されている今、経済が落ち込みまくっている今、10万円は日本経済のために、皆さんお住まいの地域経済のために使うのが一番よい使い方でしょう。

 

緊急事態宣言はいつまで?

現在も続いている緊急事態宣言。

来月6日まで続く予定ではありますが、これが解除される見込みは薄いと私は思います。

おそらくみなさんも新型コロナウイルス拡散の現状を考えると、5月6日で終わるとは考えられないと思います。

そうなると、現在の状況がまたひと月、ふた月続くわけですが、この状況だとお金を使えるのがスーパーくらいに限られてしまいます。

せっかくの10万円。

何か特別なことに使いたい、スーパーの食料品に使っては10万円の意味がないと思います。

 

結局、貯蓄や公共料金などにまわりそう

政府が当初懸念した通り、給付される10万円は使う場所がないため、貯蓄にまわる可能性も高いですよね。

それが、コロナ終息後に使われれば良いですが、一旦貯蓄にまわると切り崩すことは難しいと思います。

後は日常生活に必要な公共料金、家賃などにまわる可能性も高いですよね。

給付金の名目は経済を回すためだけでなく、コロナでの雇い止めや解雇による生活困窮者の支援も兼ねていますから公共料金や家賃などはまっとうな使い方でもあります。

 

なんとか地域経済のために使いたい

ということで、夕飯での会話に戻りますが、うちは3人家族。

30万円が給付される予定です。

このご時世で30万円使い切るのはなかなか難しいものがあります。

私としては、好きなPC、PC関連機器などを買おうかと考えていましたが、欲しい物は在庫切ればかりで買えそうにありません。

しばらくしてもこの状況は、世界的な収束が無い限り変わらないと思います。

結局、食料品かなと思ってしまいます。

あとは、収束後にみんなで県内の温泉旅行などですかね。

あと、思いついたのは飲食店からのテイクアウトです。

最近は外食店の客足が途絶えており、お店では料理のテイクアウトを実施しているところが多くあります。

スーパーで食料品代に使うよりは、外食店から料理をテイクアウトしたほうが地域経済に貢献できるのではと我が家の母上がおっしゃっていました。

なるほどなと思いました。

10万円使いきれるかは疑問ですが、なるべく地域に根ざしているお店で使うことを考えるとそうした使い方などを考えていく必要があるのでは?と思いました。

 

終わりに

10万円、非常にありがたい給付金です。

どんな形でもよいのでなるべく貯蓄にはまわさず使い切りましょう。

それが経済の落ち込みを少しでも緩和してくれるはずです。

とにかくもらったら使いましょう。

また、給付を辞退などしないで、しっかりもらっておきましょう。

国の財源になるよりは、10万円の有効な活用方法を考えたほうがよいと思います。